Camera

【ワンプライス買取最高!】マップカメラで手持ちのカメラ・レンズを売ったら想像以上に高く売れてホクホクな件【スピード対応&高額買取】

こんにちは、茶々丸です。

独身時代はカメラを趣味としていてカメラやレンズを買い漁っていました。

いわゆるスナップ写真というものを撮っていたんです。

しかし結婚して子供が生まれると子供の写真しか撮らなくなり、一部のカメラとレンズしか使わなくなりました。

その他のカメラとレンズは防湿庫の肥やしです。

それではせっかくの機材達がもったいない。

そう考えて思い切って手放すことにしました。

今回はカメラとレンズをマップカメラで売ってみたらとんでもない金額になったお話です。

カメラやレンズを売る際の流れをイメージするのにお役に立てたら幸いです。

売却先として選んだのはマップカメラ

僕が今回カメラ・レンズの売却先として選んだのはカメラマニアにはお馴染みのマップカメラです。

新品のカメラ・レンズだけでなく中古も幅広く扱っており、かなり信頼できるお店です。

僕もカメラグッズの購入で何回か使ったことがあります。

選んだ決め手はワンプライス買取

ではなぜマップカメラを選んだかですが、信頼できるというのもそうですが、何と言ってもワンプライス買取に魅力を感じたからです。

ワンプライス買取とはカメラ・レンズの種類によって最初から買取価格が決まっている制度です。(付属品の欠品時は減額)

通常の買取だとカメラ・レンズの種類によって買取価格の上限が決まり、品物の状態によって減額される可能性がある仕組みになっています。

しかしワンプライス買取は品物のコンディションに関係なく買取価格が決まっているので、自分が売ろうとしている品物がいくらになるのかイメージしやすく便利です。

いくらで買い取ってもらえるのか分からないものを査定のために送るのは勇気が入りますが、基本的には自分が納得できる価格で買い取ってもらえることが分かっている状態ならば安心して品物を送ることができます。

ダンボールも梱包材も届くので発送は楽々

オンライン査定の仕組みでは品物をお店に送らなければいけません。

ダンボールとかを準備したり梱包材を準備したりとか、面倒なことが必要になりそうなイメージです。

しかしマップカメラなら査定申し込み時にダンボールと梱包材を手配することができます。

もちろん無料です!

これで何も考えなくてもお店に査定してもらいたい品物を送ることができます。

しかも品物も自分の家に引き取りにきてくれるサービスもあります。

送料だって無料です。

おかげでものすごく楽に品物を送ることができました。

発送後24時間以内に査定額の連絡あり

僕の場合夕方に品物を引き取りに来てもらったのですが、翌日のお昼には査定額の連絡がありました。

早すぎませんか!?

いつもよりも査定に時間がかかっていると注意書きがされているにも関わらずです。

いくらワンプライス買取で買取価格が決まっているとは言え、品物を送ってから査定額が出るまでは不安になってしまうものですが、このスピードならば待っている時間は非常に短く安心でした。

総額は何と…

そして気になる査定の総額はと言うと…

何と721,300円でした!

迷うことなく承認ボタンを押しましたね。

金欠気味だった僕の懐も一気に温まりました。

本当に助かります。

今回売ったカメラ&レンズ達

ここで今回売ったカメラ&レンズの簡単な紹介です。

Leica M9 スチールグレーペイントボディ

間違いなく自分史上最も高級なカメラ

AFも手ぶれ補正もなければライブビューもバリアングルもない、見る人にとっては単なるぼったくりカメラですが、分かる人には分かる価値があります。

このカメラを買ったことでカメラ趣味はある意味ゴールに辿り着きました。

シャッターを切る意味を考えさせてくれる味わいのあるカメラです。

独身時代は自由に写真を撮りに出かけられたので良かったのですが、結婚して子供ができてからはふらっと出かけるわけにもいかず、何をするにしても子供と一緒で使う機会が全くありませんでした。

動き回る子供の写真を撮るのとは対極にあるカメラですからね。

今回手放すことになってしまいましたが、このカメラを自由に使えた経験は間違いなく自分のカメラ人生に良い影響を与えましたね。

Leica ズミルックス M50mm F1.4 ASPH. (6bit) ブラック

間違いなく自分史上最も高級なレンズ

上のLeica用のレンズなので今回一緒に手放すことに。

一言で言うととんでもなく個性のある絵を吐き出す魔法のレンズ。

腕前が悪くてもこのレンズで写真を撮り続けるだけでひとつの作品になるくらいです。

このレンズで生まれたばかりの子供の写真を撮れたのが人生で最も幸せな瞬間のひとつでしたね。

Leica ズミクロン L35mm F2 ASPH (限定モデル Lマウント仕様)

初めてLeicaのカメラを買った時に一緒に買ったレンズ。

こいつもなかなかの値段がしますが、ズミルックスと比べてしまうと安く見えるから不思議。

これもまた独特の絵を吐き出してくれる良いレンズです。

かと言ってズミルックスよりは正統派の絵です。

だから使いやすいんですよね。

CONTAX T2 チタンブラック

ある時に中古カメラ屋で見つけて衝動買いしたフィルムカメラ。

今で言う高級コンデジみたいな位置付け。

フィルムカメラとは思えないお手軽さが売りの分かる人には分かる名カメラ。

買ってから10年くらい経っても値段が下がるどころか上がってるくらいの人気機種。

ほとんど使わなかったけど寝かせておいただけで値上がりしてラッキー♪

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM ライカM用

15mmという超広角レンズ。

それでいてお値段がお手頃価格なのが素晴らしい。

写りもなかなかです。

これもLeica用のレンズなので手放すことにしました。

FUJIFILM FinePix X100

コンデジだけどセンサーサイズがAPS-Cと大型な粋なカメラ。

デザインもフィルムカメラを彷彿とさせるのでカメラ好きには堪らない。

今もどんどん更新されてVまで来てますね。

そのX100シリーズの初代なのでそこそこ人気です。

RICOH GR

コンデジだけどセンサーサイズがAPS-Cと大型な粋なカメラその2。

これも今はIIIまで来てる人気シリーズの初代。

我ながら人気シリーズの初代に飛びついている率が高いですね。

Nikon NIKKOR-H.C (L) 50mm F2 (固定鏡胴)

スクリューマウントのニコンの名レンズ。

マウントアダプターを付けてLeica M9で使ってました。

古いレンズなりに良い写りをするレンズでしたが、M9を手放すにあたりこれも手放すことに。

TAMRON SP28-75mm F2.8 XR Di LD ASPH IF Macro A09E(キヤノン用)

僕のメインカメラはずっとキヤノンの一眼レフですが、それ用の名レンズ。

F2.8通しで広角から標準、中望遠までこなす働き者。

めちゃくちゃ良いレンズでしたが完全上位互換のキヤノンのLレンズを手に入れたので不要となり防湿庫に眠ってました。

良い機会なのでこのタイミングで売りに出すことに。

RICOH GXR MOUNT A12

RICOHのGXRでMマウントのレンズが使えるということで一時期話題になった交換ユニット。

M9を手に入れるまでは大活躍でしたが、M9が完全に上位互換になるのでそれ以降は防湿庫の肥やしに。

Mマウントのレンズを全て手放すのでこれも手放すことにしました。

RICOH GXRボディ

レンズではなくセンサーを交換するという新感覚のカメラ。

一言で言うと変態です(褒め言葉)。

RICOH GXR MOUNT A12を使うために購入。

同じくM9を手に入れてからは防湿庫の肥やしに。

このまま眠らせていても仕方がないのでこの度売りに出すことにしました。

その他マウントアダプターなど

スクリューマウントのレンズをMマウントで使うためのマウントアダプターやX100のアクセサリー、レンズフードなど細々としたものも全て売りました。

別れはやはり寂しい

これまで僕の人生に彩りを与えてくれていたカメラ・レンズ達。

別れはやっぱり寂しいものです。

段ボールに詰め込んだ後に寂しくて涙が出てしまいました。

これまでありがとよ!

写真を撮る楽しさを教えてくれたことは絶対に忘れない!!

まとめ

マップカメラでカメラとレンズを売りました。

多くのカメラ好き達が選ぶだけあって素晴らしい対応で買取価格も高額とあって大満足です。

次も売るならマップカメラを使いたいですね。

カメラ好きで機材をたくさん持っている方は是非チェックしてみてください。